『もっと、カボワン・スポーツ!』

 代表KODAIRAの商品開発への想いなどを綴ったスペシャルコラム

​業界のカーボン製品はピンキリ

カボワン・スポーツのエアロパーツの売り材質でもあるカーボン素材。KFRPという別の言い方も材料の呼びでありますが、カーボンといえば、レーシングカーや飛行機でも使用する非常に軽く、その軽さの割には逆に高強度を誇る成型できる素材では最高峰の素材です。その最高峰故に材料の値段もかなりのお高めなのが実際のところ。

そんなカーボンで整形された製品の話をしたいと思います。レーシングカーなどで使用するカーボンは、実は張り込んで整形した後に窯でじっくり焼いてあります。焼きの入ったカーボン素材の強度は、比較できるレベルではない飛びぬけた硬さになりますが、その制作にかかる費用は莫大な価格でとても一般車で装着できるような金額ではありません。

しかし、憧れのカーボン素材ですから何とか使いたい、装着したいと考えるのがメカ好き、クルマ好きの方のお気持ちではないでしょうか?そこで、登場するのが窯で焼いてないカーボン製品。焼いてはいませんが、ガラス繊維のFRP材と比較してもかなりの硬さと軽さを誇ります。一般的には、カーボン製品と言われているのは、この焼いていない通称、”ウエットカーボン”です。

そこで一つ問題です。このウエットカーボンも実はピンキリなのです。何を基準にピンキリと

みるかというと、簡単に言うとカーボン繊維はFRPと比べて固く曲がったりしにくい材料ですが、それが故に制作時に張り込む際に熟練の腕ではない方の場合は、繊維が直線状ではなく波模様に歪む場合などの症状が起きます。また端までカーボン繊維が届いていないなんて症状も考えられます。カーボン製品は、また特別な見せ方があるものでFRP製品と違い、一番上の表面はゲルコートされているわけではないので、こういった繊維の歪みが出ているものときちんと直線的に張れているものと見た目の印象が違ってきます。片方、歪んでいる方はそれなりに、逆に繊維が直線として通っているものは、美しいと印象を受けます。カーボン製品は、塗装すればわからないようなある意味、ごまかしが効かない位置づけの製品ですので、ストリートパーツでは、この見た目も製品上の評価される内容になり、ここの仕上がり方で買われた方の満足度に影響もする事でしょう。

カボワン・スポーツ製品は、ここに製造する職人もこだわっておりますので、デュアルウイングに関しては、ウイングのフラップの制作ではフラップを上下半分に分けてますが、その片方を1枚のカーボン繊維のシートで制作する1枚ものを心がけております。そして、その上下の合わせ目こそが完全一致まではいきませんが繊維の模様がなるべく繋がるように目指し見た目の美観に拘り製作をしております。市場には、インターネットで購入できるカーボン製品が多くありますが、高級素材をさらに拘り、綺麗に仕上げている拘りは、他社様と比較した場合にも、かなり高い位置での仕上がりにあると自負しております。もし、機会があれば良く言われるリアルカーボンと呼ばれる製品と見比べて見ていただけるとその良さと価値がはっきりとご納得いただけると思います。

イミテーションではなく、本物を手にしたい方は拘ってみてはいかがでしょう。

そんな安価カーボンにはそれなりの理由があり、本物の中でもこだわりが入った製品には大きな違いがあるというの”ピンとキリの”話でした。

​                 >次へ

    

​​KABO1SPORTS

OPEN 9:30-18:30

MONDAYーSATDAY​

〒242-0006 8-7-2 minamirinkan,yamato-city,

​kanagawa-ken

​>ご注文/お見積り/お問い合わせ

​  ご注文方法

   お見積り

   お問い合わせ

 

 

 

●全国各地取扱店 (DEALER)

​●KABO1ストア (Official online store

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram kabo1sports
cartunelogo.png

​Bto(順不同)

 >代理店 Agency

  有限会社アズテック

   ☎044-976-9751

​​ エルドオートサービス

   ☎042-682-4035