Type-D翼端板 デュアルウイング Type2用

KABO1SPORTS

Type-D翼端板 デュアルウイング Type2用

自動車パーツには車検に準じた基準(保安基準)があります。

この基準に沿い、保安基準適合品のC-HR用デュアルウイングを

エアスポイラー化へチェンジさせる

DUAL WING Type2用 "TYPEーD 翼端板" 登場!

           左右2枚セット 

 

〇Type-D 翼端板  デュアルウイング Type2用

〇商品詳細:

​適合: トヨタ C-HR前期 NGX50/ZYX10 グレード全て

​材質:  FRP製

寸法: 横幅 266mm

     高さ 155mm

     厚さ 約3mm 

​角部R     5R以上

 

 

ロングサイズのエンドプレート(翼端板)

ウイング下面の風をさらに清流

 

そして、リアウイングをエアスポイラーとしての

条件をクリアさせるデザイン

単なるプレートとしてではなく、ボディ

からの距離までを考えたその形は

線と線が重なる点をミリ単位で調整し作り上げた

意味と機能を実現するための

”機能美”そのもの...


保安基準に徹底した視点でクリアを目指した

保安基準では、

リアウイングをある2段階の基準で、走行上危険がないように優遇措置を設けてます。

2段階である1つは、ボディから浮いている部品に対して、その隙間を20ミリ以内にしなければならない。

その条件内でないものに関しては、部品寸法や走行時中の接触時に衝撃を逃がす構造かなどの3つの条件の中がある中からいずか1つをクリアしていないといけない

(デュアルウイングなど...保安基準適合品を指す)

 

 

 

今回Type-D 翼端板は、この20ミリのボディとの隙間を基準値以内にし、さらに走行風の清流とウイングパーツの機能面を向上させることを目的とする

​その隙間は、写真にあるように微妙なカットラインを描く

その他、保安基準上の細かな条件もクリア!

・テールランプへの後方視界の確保する(妨げない)

・その部品が車体の最側端、最後端にならない

・その部品の形状が突起していてはならない(5R以下ではない)

・R26突起物規定に反しない(新車登録時に装着されている部品形状についての規定)

​​

●受注生産について:

当商品は、オーダーを頂きました時からお客様専用品としての生産が開始致します。

●キャンセルについて:

受注生産品ですので、決裁後生産開始よりキャンセルはできませんのでご了承下さい。

●​価格・仕様:

​予告なく仕様や価格を変更する場合がございます。予めご了承下さい。
 

 

 

 

 

    ¥6,600価格